新体験!?映画館や映画フェスでのiBeaconを使った最新事例

: update:2015/05/15 マーケティング, 事例 , ,

新体験!?映画館や映画フェスでのiBeaconを使った最新事例

オムニチャネルを加速させる技術として注目されているiBeacon。
スマートフォンにアプリさえインストールされていれば、特定の場所を通ったユーザに自動的にクーポンや情報などを配信できるという特徴があり、プロモーションやO2O施策として先進的な企業が取り組み始めています。

[関連記事:オムニチャネルを加速させる技術(1): iBeacon]

今回は映画シーンにおいて、具体的にどのように使われはじめているかご紹介します!

TOHOシネマズで始まったインシアタープロモーションのテスト導入

2014年「映画プロモーション×iBeacon」で注目を集めはじめたのはTOHOシネマズで展開された20世紀フォックス映画の作品でしょう。

5月14日、iPhoneユーザー向けにTOHOシネマズの六本木ヒルズと日本橋の2カ所で映画館に初めてiBeaconがテスト導入されました。
TOHOシネマズの無料アプリ『TOHOシネマズマガジン』をダウンロードしBluetoothと位置情報の設定をオンした状態で入館すると『X-MEN:フューチャー&パスト』のマーケティングコンテンツのプッシュ通知が届く、という仕組みです。
起動すると、X-MENの告知ムービーが15秒流れ、キャンペーンが告知されます。それ以外にも、自動券売機やTOHOシネマズマガジン(紙媒体)のラック前、シアター出口で次に観る映画の参考としての情報や400円引きの前売り券が配布されました。

開封率50%超となった割引クーポンのプレゼントキャンペーン

X−MANのテスト導入を経て、8月14日からは全国のTOHOシネマズの映画館(一部を除く)にて、Androidユーザーにも対応した「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の予告プロモーション、割引クーポン配信がスタートしました。

シーザーを探せ!!
『猿の惑星』上映館でビーコンにアプリが反応し、割引クーポンが入手できる

 アプリ利用者が館内に入ると、「猿の惑星:新世紀」の割引クーポンのプッシュ通知を受信。これを開くと、「う!見つかった…。クーポンあげる」とぼやくシーザーが現れ、300円引きのQRコードがアプリ上に表示されます。
館内に設置したビーコン端末からの信号を受信して割引クーポンを提供する仕組みです。

この仕組みには「X-MEN」でのテスト導入の結果をうけていくつかの改善が図られました。
館内の形状や壁の素材で電波の飛び方が異なることを受けBeaconの配置場所を改善し、「X-MEN」ではキャンペーン告知前の予告動画で離脱してしまった結果を踏まえ、「猿の惑星」では動画は後回しにされました。
 その結果開始11日間で、プッシュ配信回数2067回、それが開封された数にあたるコンテンツPVが1044回、開封率は50.5%と好調に。クーポンのダウンロードが271回とPVの約4分の1を占め、プレゼント応募も79件に上りました。

※数値情報はhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/nmgp/20141020/272811/を参考にさせていただきました。

現在は、同アプリにて「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」のビーコンキャンペーンが開始されています。未体験のかたは、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

日本初の野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」でも使われたiBeacon

埼玉県・フォレストサンズ長瀞キャンプ場にて、2014年10月4日(土)にオールナイトで日本初の野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭 2014」が開催されました。

森の中でホットワインを飲みながら五感で体験する映画
森の中でホットワインを飲みながら五感で体験する映画

キャンプ場で開催される「森の映画祭」
キャンプ場で開催される「森の映画祭」

※image from http://camp-fire.jp/projects/view/1095.

このイベントの公式アプリも、iBeacon対応のものとなりました。
アプリを配信した株式会社Real iDによると、iBeaconにより以下の機能を提供しています。

・ユーザーが各映画会場内に入ると、同会場の映画情報をスマートフォンに受け取れる
・会場内に展示された美術作品に近づくことで、同様に美術作品の詳細情報を受け取れる
・ユーザーはPUSH通知だけでなく、iBeaconを使って映画祭会場内でさまざまな情報を受け取れる

ステージが複数に別れているイベントで案内をPUSH配信するのは、利用者にとっても利便性が高かったでしょう。
また自然を感じて楽しむコンセプトであった会場には、多くの説明が掲示されるよりも、詳細は展示物の傍からスマートフォンに配信されるという体験にすることで、自然に囲まれた雰囲気作りにも一役買い、情報伝達の確実性もアップしたと思われます。

iBeaconによって広がるリアル×バーチャルの世界観

「森の映画祭」のように、限られたスペースであるリアルなイベント会場に、iBeaconによって新たにバーチャルな情報スペースをもたらすような使い方はこれからも増えていくと思われます。

これまでもFelicaやNFCで特定の場所でデジタルコンテンツが提供されたりということはありましたが、ユーザが主体的に携帯電話をかざす必要がありました。
それがなくなり一定の場所を通るだけでPUSH通知できることにより、楽しみ方はますます広がっていくでしょう。

20世紀FOX映画のようにシアターとコラボレーションしてその場で訴求・完結するインシアタープロモーションがより充実するという方向性も考えられます。あるいは、今後は配給会社を中心にしたアプリをベースに、屋外広告やPRイベントなどと連動して映画館に行く前から、映画作品の世界観に触れる機会が増えていくかもしれません。

映画自体の作り込まれた世界観がiBeaconによってどのように広がり、利用者にどのような新しい体験をもたらすのか、これからも注目です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

【2015年5月】iBeaconの最新国内事例

昨年までは実証実験段階のサービスが多かったiBeaconですが、徐々に2015年から本格的なサー

記事を読む

【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続き話題に登ることの多いiBea

記事を読む

muji2013

オムニ時代到来で、売り場はブランド体験の場へ。ぐっとくるリアル店舗事例まとめ

オムニチャネル時代の到来により、チャネル別ではなく、ネットやリアル店舗も全て融合した総力での顧客アプ

記事を読む

サーフウォッチにみる、新たなマーケティング

今年の4月はiWatchの発売が開始され、より注目度が上がっているウェアラブルデバイス。 今回

記事を読む

インバウンド×オムニチャネル

ドン・キホーテのインバウンド✕オムニチャネル

2014年の日経MJヒット商品番付の東の横綱となった訪日外国人による「インバウンド消費」。 今

記事を読む

アンケートイメージ

オム二動向調査「4割以上の企業が、オムニチャネルに取り組んでいる」

2014年9月4日、株式会社NTTデータ経営研究所より「企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略

記事を読む

Apple Watchだけじゃない!ウェアラブルデバイス事例

2015年4月に発売が開始され、日本でも普及しているApple Watch。 実用化されているウェ

記事を読む

Amazonのオムニチャネル戦略

拡大し続けているEC市場の中で、常に先進的な取り組みを続けるAmazon。 アメリカ本土ではAma

記事を読む

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネットショップの枠を超え、今や小売

記事を読む

海外にみるBeacon実用事例

日本でもBeaconというコトバは広まりつつありますが、まだまだ知っているor使ったことのある人の割

記事を読む

【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続

【顧客に再アプローチ】リターゲティング手法のまとめ

顧客接点は店頭・EC・SNS・メルマガ・コールセンター等、様々なものが

Apple Watchだけじゃない!ウェアラブルデバイス事例

2015年4月に発売が開始され、日本でも普及しているApple Wat

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネッ

沖縄県の”おもてなし”なインバウンド施策

昨年、2014年の日本への外国人観光客の数は約4500万人で過去最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑