Beaconを用いたおトクなサービス

: update:2015/06/03 Beacon, マーケティング, 事例

おトクなBeaconサービス

2015年もいろいろな活用方法で市場を盛り上げているBeaconですが、やっぱりイチ消費者としてはクーポンやポイントだって気になるトコロ…。

今回はBeaconを活用した、私達にとって”おトク”なサービスを紹介します!

  山手線に乗るたびにポイントゲット

山手線の車内にはBeaconが設置されており、スマートフォン向けの山手線チェックイン機能を
9月までの期間限定でトライアル提供しているようです。

NTTドコモとサントリービジネスエキスパートの2社が、このトライアルを活用してポイントや
クーポンを配信するサービスを実施することが決まっているとのこと。

毎日の乗車で喉が潤う!

毎日の乗車で喉が潤う!

(出典:マイナビニュース

サントリーが提供するのは、iPhoneアプリ「SUNTORY山手線LUCKY TRAIN」を山手線車内で起動しチェックインすると、「サントリー 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」(4月14日発売)の無料引換クーポンが計10,000枚当選するキャンペーン。通学や通勤で山手線を利用している方は4月14日~5月13日の間に活用して、喉を潤してみてはいかがでしょうか。

 

自販機前でポイントが貯まる!TenTen

TenTen は「ポイントが飛び込んでくる」をコンセプトに開発された、ポイント収集アプリ。

大阪府にある指定の自販機約200台いずれかの近くで iPhone アプリを起動し、Bluetooth Low Energy(BLE)で通信してから飲み物を買うとポイントが貯まります。

自販機の前でポイントゲット!
自販機の前でポイントゲット!
(出典:PR TIMES

自動的に「ポイントが飛び込んでくる」という仕組みであればとても便利なのですが、TenTenの場合は自販機の前で「iPhone アプリを起動」という手間が掛かってしまいます。ユーザーに能動的に何かをしてもらうことは、サービスの展開において大きな障壁となってしまうことが想像されます。

ただ自動販売機での商品購入以外にもクイズやアンケートに回答してポイントを手に入れる仕組みもあるので、ポイント貯蓄が趣味の方にとっては楽しみながら自動販売機を利用できるシステムかもしれません。

 

今回は日常で使う電車や自販機がおトクになるBeaconサービスを紹介しましたが、まだまだ技術的にもマーケティングにも課題があるようです。各社が切磋琢磨してBeaconのノウハウと上げていくことによって、私達の生活に潤いが増えていくのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

Amazonのオムニチャネル戦略

拡大し続けているEC市場の中で、常に先進的な取り組みを続けるAmazon。 アメリカ本土ではAma

記事を読む

ABCマートのオムニチャネル

4月8日に平成27年2月期の決算短信にて純利益が前年度20%増、過去最高益を発表したABCマート。

記事を読む

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネットショップの枠を超え、今や小売

記事を読む

gu事例サムネ

ジーユーの事例:オムニチャネル化されたチームが創る「やんちゃ」なブランドコミュニケーション

ITや在庫管理などのプロセスを一元化しても、組織体系が各チャネル別になってしまっているために、オムニ

記事を読む

店舗リストサムネ

WEBで店舗の在庫情報がわかる!いま参考にしたいECサイト8選

お買い物をする時に、オンライン、オフラインの両方を使うことが、最近は増えましたよね。サイトで見て気に

記事を読む

Apple Watchだけじゃない!ウェアラブルデバイス事例

2015年4月に発売が開始され、日本でも普及しているApple Watch。 実用化されているウェ

記事を読む

Apple Watch ✕ iBeacon

【もう登場!】Apple Watch ✕ iBeacon

4月24日に発売されたばかりの「Apple Watch」。もちろん日本でも話題となっておりますが、な

記事を読む

無印良品にみるお客様との「いい関係」

「全てにコミュニケーションを」 このコトバは株式会社良品計画のHPに記載されている行動基準のひ

記事を読む

銀行でもオムニチャネル?

オムニチャネルという言葉が使われるのは、小売業界が殆どというイメージがあるかもしれません。 しかし

記事を読む

インバウンド×オムニチャネル

ドン・キホーテのインバウンド✕オムニチャネル

2014年の日経MJヒット商品番付の東の横綱となった訪日外国人による「インバウンド消費」。 今

記事を読む

【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続

【顧客に再アプローチ】リターゲティング手法のまとめ

顧客接点は店頭・EC・SNS・メルマガ・コールセンター等、様々なものが

Apple Watchだけじゃない!ウェアラブルデバイス事例

2015年4月に発売が開始され、日本でも普及しているApple Wat

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネッ

沖縄県の”おもてなし”なインバウンド施策

昨年、2014年の日本への外国人観光客の数は約4500万人で過去最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑