無印良品にみるお客様との「いい関係」

「全てにコミュニケーションを」

このコトバは株式会社良品計画のHPに記載されている行動基準のひとつです。

率先してオムニチャネルの実現に取り組み、業績を伸ばし続けている無印良品らしい行動基準のように思えます。
そこで、今回は無印良品でのオムニチャネルの事例をみていきます。

MUJI passportでお買い物をもっと便利に!

MUJI passportは店舗やECサイトなどまで複数の販売チャネルを1つに統合し、どのチャネルでも無印良品のマイルを貯めることの出来るアプリ。
店舗やECサイトでの商品購入時はもちろん、店舗付近へのチェックインやクチコミ投稿時にもマイルが貯まります。

(出典:MUJI passport

お客様はマイルを貯めること以外にも、クーポンの受取・欲しい商品の店舗在庫確認も行うことが出来ます。

また、企業側としては、来店から購入に至るまでの滞在時間や、実際に検索して来店したが、購買されなかったという分析まで行うことが出来ているとのこと!

店舗でもECでもアプリを使うメリットを出すことで、以前はバラバラだった購買データや顧客動線が1つに繋がり、購買行動の分析・理解ができているようです。

より深いお客様への理解を実現するIDEA PARK

MUJI passportでお客様の購買分析を行っていることに触れましたが、無印良品にて行っているお客様理解の本流は「IDEA PARK」にあるようです。

IDEA PARKは無印良品がお客様との相互理解を深める場としてリリースしたコミュニティサイト。
そこでは、無印良品とお客様が商品に対するコミュニケーションを行うことができ、実際にディスカッションした内容が商品開発に反映されています。

9vJOk-3RvXQUalzchguK4rLnNiF1G9IOt3tLlRViGB0

(出典:IDEA PARK

お客様から企業への意見は、多くの場合、カスタマーセンターなどのクローズドな場所に届けられます。しかし、カスタマーセンターに届けられる意見はクレームが多く、限定的な意見であることも少なくありません。

そんな中、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの普及によって、企業のマーケティングや広報の担当者がお客様の「生の声」を目にすることが多くなっています。
そこで無印良品では「生の声」を一箇所に集積させました。企業とお客様だけではなく、お客様同士でも意見を交わすことが出来るようにすることによって、”質の高いコミュニティ”の醸成に成功したのです。

IDEA PARKにより、無印良品はお客様の「生の声」を分析し、お客様は無印良品への結びつきが深くなるという関係の構築が出来るようになりました。

 

今回は「MUJI passport」と「IDEA PARK」という2つのサービスを例に、無印良品がどのようにお客様を理解しようとしているのかをまとめてみました。
「MUJI passport」ではお客様の購買行動を、「IDEA PARK」ではお客様の気持ちを分析することで、ファンの心をガッチリと掴んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

アパレル業界に押し寄せるIT化の波

日本国内のアパレル業界市場は縮小傾向にあると言われています。経済産業省によると、2013年のファッシ

記事を読む

おトクなBeaconサービス

Beaconを用いたおトクなサービス

2015年もいろいろな活用方法で市場を盛り上げているBeaconですが、やっぱりイチ消費者としてはク

記事を読む

オムニチャネルでおさえるべき6つの成功要因

小売業の売り上げ拡大のポイントとなっている「オムニチャネル」。 O2O(Online to Off

記事を読む

【2015年5月】iBeaconの最新国内事例

昨年までは実証実験段階のサービスが多かったiBeaconですが、徐々に2015年から本格的なサー

記事を読む

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネットショップの枠を超え、今や小売

記事を読む

情報配信だけじゃないBeacon活用 #2

前回に引き続き情報配信以外のBeaconの活用方法をご紹介します。 今回は街全体での取り組みやイン

記事を読む

Apple Watch ✕ iBeacon

【もう登場!】Apple Watch ✕ iBeacon

4月24日に発売されたばかりの「Apple Watch」。もちろん日本でも話題となっておりますが、な

記事を読む

【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続き話題に登ることの多いiBea

記事を読む

銀行でもオムニチャネル?

オムニチャネルという言葉が使われるのは、小売業界が殆どというイメージがあるかもしれません。 しかし

記事を読む

オムニチャネル時代のデータ分析

オムニチャネル時代のデータ分析 #1

前回はアパレル業界におけるIT化の波ということで ・ARを用いた仮想試着 ・Beaconでの商品

記事を読む

【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続

【顧客に再アプローチ】リターゲティング手法のまとめ

顧客接点は店頭・EC・SNS・メルマガ・コールセンター等、様々なものが

Apple Watchだけじゃない!ウェアラブルデバイス事例

2015年4月に発売が開始され、日本でも普及しているApple Wat

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネッ

沖縄県の”おもてなし”なインバウンド施策

昨年、2014年の日本への外国人観光客の数は約4500万人で過去最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑