【もう登場!】Apple Watch ✕ iBeacon

Apple Watch ✕ iBeacon

4月24日に発売されたばかりの「Apple Watch」。もちろん日本でも話題となっておりますが、なんとアメリカでは初日だけで100万台の予約が入ったとのことです。ちなみに2014年のAndroid Wear搭載端末の販売数は72万台なので、既にAndroid Wearの販売台数を抜いていることは想像に難くないですね・・・。

そしてなんともう「Apple Watch」と「iBeacon」を組み合わせたプロモーションの事例が出てまいりましたので、今回はその事例をご紹介します!

舞台はやはりアメリカ

モバイル向けのショッパー・マーケティング・プラットフォームを提供するinMarketとアメリカのスーパーマーケットチェーンのMarshがApple Watch向けのiBeaconプロモーションを行うと発表しました。発表したのは2015年1月12日とのことなので、それだけApple WathとiBeaconの期待度が伺えます。

Marsh Supermarkets
Marsh Supermarkets

果たしてその活用方法は?

気になるApple WatchとiBeaconのマッチングですが、内容は至ってシンプルです。
inMarketとMarshのそれぞれがリリースしている既存のアプリを用いて、共同プラットフォームを開発し、どちらかのアプリを持っているMarsh店内のユーザーに対して、Beaconを介して商品情報やクーポンを出すというもの。また、来店前に買い物リストを作成しておくことで、リストを見ながらの買い物をすることも出来ます。

(出典:inMarket

なぜ「Apple Watch」なのか?

このサイトでも度々Beaconについて取り上げ、様々な活用方法を紹介していますが、今回のMarshでの活用方法は、スマートフォンとBeaconの事例と比べても、さほど特筆するようなポイントは無いように思われます。

しかし、Apple Watchと組み合わすことによって絶大な効果を上げるのではないかと考えられます。

スマートフォンとBeaconの組み合わせだと、店内を回遊しているユーザーがポケットやカバンにスマートフォンを入れていると、情報やクーポンが配信されてもなかなかその場で気づくことは困難です。そのため、回遊しているユーザーに対して”スマートフォンを手に取らせる施策”をプラスして行う必要があります。

それに対してApple Watchに対する情報配信であれば、商品を手にとっている最中や、子どもと手を繋いでいるような時でも、通知に気づき、目を通すことが出来ます。そのため、情報の配信数に対するユーザーの情報認知数が上がることによって、施策の効果向上が期待出来ます!
Apple Watchの販売の勢いは目を見張るものがありますが、まだスマートフォンの所有率と比較すると、マーケティングとしてのインパクトは弱いかもしれませんが、下表のように、数年後には対応が必須となると予測されています。

ウェアラブル端末の市場規模
ウェアラブル端末の市場規模(出典:Analysys Mason

今回の事例も、既存のスマートフォンアプリをベースとしてApple Watchへの対応を行っているので、もしかしたら近いうちに日本でもiBeaconとApple Watch(もちろんスマートフォンも)が組み合わさったマーケティング事例が出てくるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

ibeacon6

オムニチャネルを加速させる技術(1): iBeacon

iBeaconとは、iOS7に標準搭載された以降から急速に着目されているBluetooth 4.0

記事を読む

images

サーフウォッチにみる、新たなマーケティング

今年の4月はiWatchの発売が開始され、より注目度が上がっているウェアラブルデバイス。 今回

記事を読む

BcaqJMdIQAA9JTN

Amazonのオムニチャネル戦略

拡大し続けているEC市場の中で、常に先進的な取り組みを続けるAmazon。 アメリカ本土ではAma

記事を読む

オムニチャネル時代のデータ分析

オムニチャネル時代のデータ分析 #1

前回はアパレル業界におけるIT化の波ということで ・ARを用いた仮想試着 ・Beaconでの商品

記事を読む

アンケートイメージ

オム二動向調査「4割以上の企業が、オムニチャネルに取り組んでいる」

2014年9月4日、株式会社NTTデータ経営研究所より「企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略

記事を読む

keyv

オムニチャネルでおさえるべき6つの成功要因

小売業の売り上げ拡大のポイントとなっている「オムニチャネル」。 O2O(Online to Off

記事を読む

gu事例サムネ

ジーユーの事例:オムニチャネル化されたチームが創る「やんちゃ」なブランドコミュニケーション

ITや在庫管理などのプロセスを一元化しても、組織体系が各チャネル別になってしまっているために、オムニ

記事を読む

FDQ8PRjW6G_QrOpb0B9hnGTDa0aP0rVfO3xNwT_FkiM

沖縄県の”おもてなし”なインバウンド施策

昨年、2014年の日本への外国人観光客の数は約4500万人で過去最高のものとなりました。 今後も増

記事を読む

images

【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続き話題に登ることの多いiBea

記事を読む

bank-illustration

銀行でもオムニチャネル?

オムニチャネルという言葉が使われるのは、小売業界が殆どというイメージがあるかもしれません。 しかし

記事を読む

images
【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続

retargeting.-hoe-doe-je-het-netjes
【顧客に再アプローチ】リターゲティング手法のまとめ

顧客接点は店頭・EC・SNS・メルマガ・コールセンター等、様々なものが

WearableTech
Apple Watchだけじゃない!ウェアラブルデバイス事例

2015年4月に発売が開始され、日本でも普及しているApple Wat

ZahlThOmx6P1qdAVLb74JfU0VCE8CkTadZ4_Zb9_m6U
Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネッ

FDQ8PRjW6G_QrOpb0B9hnGTDa0aP0rVfO3xNwT_FkiM
沖縄県の”おもてなし”なインバウンド施策

昨年、2014年の日本への外国人観光客の数は約4500万人で過去最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑