【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続き話題に登ることの多いiBeacon。

そんな中、Googleが「iBeacon」への対抗馬として2015年7月14日から提供を開始したものが「Eddystone」。
今回はそんな「Eddystone」についてまとめてみます!

※ちなみに読み方は「エディーストーン」ではなく「エディストン(英国にある灯台)」のようです。

「Eddystone」とは?

「Eddystone」は、スマートフォンやその他のスマートデバイスとの通信機能を可能にするBLE(Bluetooth Low Enegy)デバイス用のオープンソース・プラットフォームで、AndroidとiOSの両方に対応しています。

すでに米国オレゴン州のポートランドではGoogle Nowのサービス強化を目的として、各交通機関にて乗り換え案内のようなサービスを提供開始しているようです。

overall-graphic-070915

(出典:Google developers blog

競合?とされる「iBeacon」との違い

では、iBeaconとはどういった点が異なるのでしょうか?
現時点で明示されている主な相違点は以下の通りです。
(1),オープンソース化されている
(2),アプリではなくブラウザに通知(URL)を送る
(3),セキュリティ

(2)が最も気になる相違点であると思います。
iBeaconの場合、ユーザーのスマートフォンにBeaconに対応したアプリがインストールされていないと、Beaconが機能しませんでした。
しかし、「Eddystone」はブラウザさえあればユーザーに情報を送ることが出来ます。

恐らく今までBeaconの導入を躊躇っていた要因の1つがアプリが必須であるという点だったと思います。
それがクリアされているということは、「Eddystone」がきっかけで爆発的に世界中にBeaconが広まっていく可能性もありますね!

また、(3)のセキュリティについては、iBeaconは各Beaconメーカーやディベロッパー側での各種開発が必要でした。
それに対して、「Eddystone」については(まだ仕様の公開はされていないようですが)EIDsと呼ばれる頻繁に変更される識別子を、クライアント毎にデコードすることによってセキュリティー対策を可能とするようです。

今後の「Eddystone」の戦略

既にBeaconを何らかの形で導入している企業は「Eddystone」にも対応可能なのでしょうか?

結論としては、基本的には対応可能のようです。

既存のBeaconについては簡単なファームウェアアップデートを行うことによってEddystoneに準拠することが出来ます。
また、既にいくつかのBeaconメーカーとのパートナーシップを組んでいるとのことなので、徐々に「Eddystone」と「iBeacon」両方にに準拠したBeaconメーカーが増えてくることでしょう。

(出典:Google developers blog

「Eddystone」は今後、Google MapやGoogle Nowとの連携が予定されているようです。
すでにGoogleはユーザーの位置情報を取得し、サービス提供を行う基盤があります。
その中で、屋内でのユーザーのロケーションの測位や、ユーザーがいる建物の階数まで判別可能になれば、Googleの各サービスがより有用なものとなるのかもしれません。

 

「Eddystone」はGoogleの発表から数日しか経っていないということもあり、まだまだ未知な部分が多いですが、その名の通り、オムニチャネルの道標となるような灯台になるのでしょう。

オムニチャネルラボでも引き続き注目し、情報を上げてまいります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

関連記事

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネットショップの枠を超え、今や小売

記事を読む

【顧客に再アプローチ】リターゲティング手法のまとめ

顧客接点は店頭・EC・SNS・メルマガ・コールセンター等、様々なものがあります。 その中から、

記事を読む

アンケートイメージ

オム二動向調査「4割以上の企業が、オムニチャネルに取り組んでいる」

2014年9月4日、株式会社NTTデータ経営研究所より「企業におけるオム二データ・オム二チャネル戦略

記事を読む

ABCマートのオムニチャネル

4月8日に平成27年2月期の決算短信にて純利益が前年度20%増、過去最高益を発表したABCマート。

記事を読む

サーフウォッチにみる、新たなマーケティング

今年の4月はiWatchの発売が開始され、より注目度が上がっているウェアラブルデバイス。 今回

記事を読む

インバウンド×オムニチャネル

ドン・キホーテのインバウンド✕オムニチャネル

2014年の日経MJヒット商品番付の東の横綱となった訪日外国人による「インバウンド消費」。 今

記事を読む

【2015年6月新製品情報】テーブルがBeaconに?

日々、新たな事例や製品がリリースされているBeacon。 単なるクーポン配信のツールとしてではなく

記事を読む

銀行でもオムニチャネル?

オムニチャネルという言葉が使われるのは、小売業界が殆どというイメージがあるかもしれません。 しかし

記事を読む

Amazonのオムニチャネル戦略

拡大し続けているEC市場の中で、常に先進的な取り組みを続けるAmazon。 アメリカ本土ではAma

記事を読む

アパレル業界に押し寄せるIT化の波

日本国内のアパレル業界市場は縮小傾向にあると言われています。経済産業省によると、2013年のファッシ

記事を読む

【遂にGoogleから登場!】iBeaconの対抗馬「Eddystone」

2015年ももう後半戦に突入しましたが、オムニチャネルの世界では引き続

【顧客に再アプローチ】リターゲティング手法のまとめ

顧客接点は店頭・EC・SNS・メルマガ・コールセンター等、様々なものが

Apple Watchだけじゃない!ウェアラブルデバイス事例

2015年4月に発売が開始され、日本でも普及しているApple Wat

Amazonが突破する「リアル店舗」の壁

同業他社の追随を許さず成長を続けるAmazon。 Amazonはネッ

沖縄県の”おもてなし”なインバウンド施策

昨年、2014年の日本への外国人観光客の数は約4500万人で過去最高の

→もっと見る

PAGE TOP ↑